So-net無料ブログ作成
検索選択

繕い裁つ人 [映画作品名-た行]

もう4月だというのに雪がっ!
まさしく4月の雪。
こんなこともあるんですねぇ。

またまた見てから時間が経ってしまいましたが、
観てきました『繕い裁つ人』

以前、ハンドメイド雑貨ネットショップをやっていたので
ものづくり映画は結構きしているのですが
この映画はもうツボをつきまくりの予告!!
近くの映画館でやっていなかったので車で1時間の
映画館へ遠征しました。

繕い.jpeg

祖母の跡を継いだ洋裁店の女店主(中谷美紀さん)の成長物語です。
昔からのスタイルを変えない事が仕事だと思っている主人公の元に
デパートに勤める藤井(三浦貴大さん)からブランド化の話を持ちかけられて・・・
というストーリーです。

三島有紀子監督の作品は
しあわせのパン』や『ぶどうのなみだ』など
私のイメージではストーリーよりも雰囲気が好きな作品が多かったのですが、
今回の『繕い裁つ人』はストーリーも好きになれました。

なんというか、ツッコミどころがなかった気がします。
ぶどうのなみだ』は主人公がなぜワイナリーを始めたのか分からずもやもや・・・
という点があったのですが、今回はなし!
分かりやすいストーリーだった気がします。

そして何より洋服への考え方が素晴らしかった。
1着の洋服を大切に着るというスタイル。
私はこういうスタイルが好きだなぁ。
1枚、1枚丁寧に作られた洋服を着続けるということの大切さ、
そして現代でそれを実現することの難しさを知った気がします。

様々なスタイルの洋服を気軽に楽しめる、
というファッションの楽しみ方も有ると思います。
確かにそれも楽しみ方の一つだとは思いますが、
私は素人目からみても「この縫製どうなの?」という洋服は着たくないなぁ。
作品を見ながら、確かな目を養っていきたいな、とも思いました。

夜会のシーンは特にそうですが、
現実の話をしているのに、どこかお伽話のような
テイストが入っているところもこの映画の魅力だと思います。

そしてなにより、作中に出てきたチーズケーキが気になってしかたがない。
食べたいなぁチーズケーキ。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。