So-net無料ブログ作成
検索選択

仕事納めは今日なんです! [雑記]

世間的には超大型連休とか言ってますが・・・今日が仕事納めです。
と言っても大掃除ですけどね。
家の大掃除はとりあえず窓と換気扇の掃除をしたので
大晦日にフローリング掃除と水回り。
大忙し・・・。
仕事終わったらものすご~く混んでいるだろうことが予想されるスーパーへ買い出し!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

頭のうちどころが悪かった熊の話 [作者-あ行]

頭のうちどころが悪かった熊の話

頭のうちどころが悪かった熊の話


あらすじ
もし人生の意味に悩んだらとりあえず食べてみてください。7つの動物ショートストーリー。「小さな童話大賞」(毎日新聞社主催)受賞作『いただきます』収録。
(amazonより)

小話という感じでした。
もっと哲学っぽいお話なのかと思っていましたが
友情ありのハートウォーミングなお話で。
動物がメインの話というのはやはり馴染めないのですが、
たまには良いかな、と思える本でした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

雪屋のロッスさん

雪屋のロッスさん (ダ・ヴィンチブックス)

雪屋のロッスさん (ダ・ヴィンチブックス)


あらすじ
雪屋のロッスさんは、トラクターに似た造雪機に乗って、ほうぼうの街をまわります。大晦日、誕生日スキー大会クリスマス。ロッスさんの雪は、結晶のか たちに工夫がこらされ、通常の三倍長持ち。さて、ある冬の夜のこと――。「なぞタクシーのヤリ・ヘンムレン」「調律師のるみ子さん」「犬散歩のドギーさ ん」「見張り番のミトゥ」……この世のふしぎがつまった31の小さな物語集。
(amazonより)

心温まるほっこりとした物語を想像していましたが
なかなかシュールなお話。
棺桶屋の話を読んでいてエドワードゴーリーの「不幸な子供」を思い出しました。
少々分かりづらい話もありましたが、
後になって思うとそれはそれで味があうるような気もしました。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

その時までサヨナラ

その時までサヨナラ

その時までサヨナラ


あらすじ
旅先で妻子が遭遇した列車事故。悟は、遺された息子を引き取りたいという、義理の両親の申し出を受けようとする。しかし、事態は思いもかけない展開を見せ始めた。冷め切った父子におとずれた奇跡のストーリー
(amazonより)


ホラー小説(映画もですが)が苦手な私は
今まで山田さんの本は読んだことがなかったのですが、
今回はどうやら怖い話ではないようなので読んでみることにしました。

結局最後まで「怖いシーンがあるのではないか」とびくびくしながら読んでいたのですが(笑)
内容は本当にファンタジーでした。
第一編集の悟と文庫担当の悟がまるで別人のようで
全く違うお話のように思えます。

それほど劇的な変化が物語中にあるのですが、
うぅ~ん、うまく着地させたようで実はいろいろとバラバラのままなのでは?
というのが正直な感想です。

ありがちな話になってしまったのは残念ですが、
今まで読む機会のなかった作家さんの本が読めたのはよかったかな、と思います。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

床屋さんへちょっと [作者-や行]

床屋さんへちょっと

床屋さんへちょっと

 

 

 

あらすじ
働くことを通してつながる、父と娘の物語
親から継いだ会社を倒産させ、その後再就職して働き続けた男と、そんな父の背中を見て働くことに夢を託すようになった娘。会社で、家で、時に床屋で交わされた二人のやりとりを描く長編。
(amazonより)


まさしく日常の話でした。
会社を倒産させてしまった父が主人公。
起業した会社の社員が独立してよい人材を持ってゆかれて結局顧客を取られて倒産。
どん底の状態ではありますが、重苦しい感じもなく、本当に日常の話でした。
時間が戻ったり、進んだりする短編で構成されていましたが、
少しではありますが、話がつながっていて面白かったです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

武士の献立 [映画作品名-は行]

『武士の献立』を先週末に観ました!
元々和食が好きなので公開前から気になっていました。
包丁よりも刀の方に興味ありありな主人公が
どのように立派な包丁侍になるのかもきになりましたが、
どのような料理が出てくるのかも気になっていました(笑)

やはり美味しそうな料理がズラリ。
お料理が乗っている器も素敵でした。
やはり、料理は器も大事ですね。
金額ではなく、そのお料理に合うかどうかも重要!
などと思いながら見ていました。

ネタバレ有りのため、感想は↓に書きます。

公式ホームページ
http://www.bushikon.jp/

感想はコチラ!(ネタバレ注意!)


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ランウェイ☆ビート [映画作品名-ら行]

ランウェイ☆ビート スタンダード版 [DVD]

ランウェイ☆ビート スタンダード版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD

あらすじ
塚本芽衣(メイ)はある日、転校生・溝呂木美糸(ビート)と出会う。天才的なデザインセンスを持ち、周りを引っ張って突き進むビートの言葉に動かされたク ラスメイトや大人たちは、今よりもっと輝ける自分になるため変わり始めてゆく─。瀬戸康史、桜庭ななみほか出演による、ファッションをテーマにした青春 ムービー!
(amazonより)

どうやら携帯小説が原作だったようですが、
なんとなく服飾関係のお話が好きなので気になった映画です。
劇場で見られなかったのでレンタルで先週末に観ました。

美糸であだ名がビート。ビートにするとちょっとそっけない感じですが感じの字面が綺麗な名前だなぁ。
男の子だと若干いじめられそうな気もするけど・・・
そして犬田だから「ワンダ」というアダ名のセンス、ちょっと好きです(笑)

ネタバレ有りのため、感想は↓に書きます。

感想はコチラ!(ネタバレ有り)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

利休をたずねよ [映画作品名-ら行]

先週末にみてきました『利休をたずねよ』!
千利休についてい知っていることといえば
「茶人」ということと「秀吉を怒らせた人」ということくらい。
それでも映画には十分ついて行けました。

まぁ乏しい歴史知識しかないので、
どこまでが史実で、どこからフィクションなのかは分かりませんでしたが、
無理のない展開だったと思います。

専門的な知識はありませんが、
日本の美意識というものについて興味があったので
なんと~く見に行った作品でしたが、
やはりコテコテに飾り立てたモノではなく
静かな佇まいのものに惹かれる気持ちを再確認できる作品でした。

基本的に台詞は少なめ。
見る前は退屈してしまいうのではないかと思いましたが
意外とサクサクとストーリーが展開されてゆくので
「あら、もう終わり?」という感じでした。

単純な私はやはり抹茶が飲みたくなりましたが、
一度千利休が入れたお茶を飲んでみたかったなぁ・・・。

公式ホームページ
http://www.rikyu-movie.jp/


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

みなさん、さようなら [作者-か行]

みなさん、さようなら

みなさん、さようなら

あらすじ
芙六小学校を卒業したのは全部で107人。みんな、団地に住んでいた。小学校の卒業式で起きたある事件をきっかけに、団地から出られなくなってしまった渡 会悟。それを受け入れた悟は団地で友だちを作り、恋をし、働き、団地の中だけで生きていこうとする。「団地に閉じこもってたら、悟君の友だちは減る一方で しょ。さみしくない、そういうのって?」月日が経つにつれ一人また一人と同級生は減っていき、最愛の恋人も彼の前を去ろうとしていた。悟が団地を出られる 日はやってくるのだろうか―。限られた狭い範囲で生きようとした少年が、孤独と葛藤に苛まれながらも伸びやかに成長する姿を描く、極上のエンターテインメ ントであり感動の物語。第一回パピルス新人賞受賞作。
(amazonより)

買おうかどうかを迷って結局購入した本です。
当時はまさか映画化するとは思いませんでした。
映画の方はまだ観たことがないので、
そちらの方も見てみようと思います。

本の感想はネタバレ有りのため↓に書きます。

 

感想はコチラ!(ネタバレ注意!)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

REDリターンズ [映画作品名-ら行]

公開日に見てきました!!
REDリターンズ
映画館のサービスデイだったので混んでいるかなぁと思いましたが
それほどではありませんでした。

今回はシリーズ2作目。
前作が非常に好きだったので続編が有ると聞いて待ち遠しかったのですがついに公開。
今回はイ・ヴォンホンさんも出演されているようで・・・。
実は今までそれほど気に留めていなかったのですが
(というかそもそもメインキャストの作品を観たことがなかったのですが)
今回の作品でのキャラクターツボでした、カッコ良い(笑)
そして今回もヴィクトリアがカッコイイ!!

詳細な感想は↓に書きます!

公式ホームページ
http://www.disney-studio.jp/movies/red/

感想はコチラ!(ネタバレ注意!)


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。