So-net無料ブログ作成

田舎刑事の趣味とお仕事 [作者-た行]


田舎の刑事の趣味とお仕事 (創元推理文庫)

田舎の刑事の趣味とお仕事 (創元推理文庫)

  • 作者: 滝田 務雄
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2009/09/29
  • メディア: 文庫

あらすじ
彼の名は黒川鈴木。姓名どちらも姓に見えるという点で、まあ珍名の部類に入る。職業は警察官。階級は巡査部長。既婚で子供はない。ふだんはヒマでも、事件
が起これば無能な白石と真面目な赤木、二人の部下を連れて現場に急行する。起こる事件は本ワサビ泥棒、カラス騒動…。第三回ミステリーズ!新人賞受賞作か
ら始まる愉快な脱力系ミステリ短編集。
(amazonより)

肩の力を抜いて読めるミステリでした。
おバカな部下と奥さんに頭の上がらない主人公。
そして奥さんのキャラクターの強さ(笑)
ブラックバスと聞くと、ついこの小説を思い出します。

読んでいる時は思いもよりませんでしたが、
この小説ドラマ化しましたね。
大好きな監督が家督をしていたので毎週楽しみでした。


デカ☆黒川鈴木 [DVD]

デカ☆黒川鈴木 [DVD]

  • 出版社/メーカー: よしもとアール・アンド・シー
  • 発売日: 2012/06/12
  • メディア: DVD




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

腕貫探偵、残業中 [作者-な行]


腕貫探偵、残業中 (実業之日本社文庫)

腕貫探偵、残業中 (実業之日本社文庫)

  • 作者: 西澤 保彦
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2012/06/05
  • メディア: 文庫

 

 


あらすじ
「市民サーヴィス臨時出張所」で、市民の相談に乗る腕貫着用の男。
明晰な推理力を持つ彼のもとへは、
業務時間外も不可思議な出来事が持ち込まれる。
レスト
ランに押し入った強盗の本当の目的は?撮った覚えのない、
想い人とのツーショット写真が見つかった?
女教師が生前に引き出した五千万円の行方は?
“腕貫
男”のグルメなプライベートにも迫る連作ミステリ6編。


(amazonより)

この探偵は本当に聞いただけで推理するんだなぁと
思わず関心してしまった作品です。
読むまでは「ライトミステリーっぽいのかな?」
と思っていましたが、しっかりとした推理&トリック。
トリックは結構シュールなものもありましたが、
謎解き部分にスポットを当てている作品で
とても好感が持てました。
作中に「美味しいもの」が出てくるのも良いなぁと(笑)



続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

月魚 [作者-ま行]


月魚 (角川文庫)

月魚 (角川文庫)

  • 作者: 三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2004/05/25
  • メディア: 文庫


あらすじ
古書店『無窮堂』の若き当主、
真志喜とその友人で同じ業界に身を置く瀬名垣。
二人は幼い頃から、密かな罪の意識をずっと共有してきた―。
瀬名垣の父親は
「せどり屋」とよばれる古書界の嫌われ者だったが、
その才能を見抜いた真志喜の祖父に目をかけられたことで、
幼い二人は兄弟のように育ったのだ。
しかし、
ある夏の午後起きた事件によって、
二人の関係は大きく変っていき…。
透明な硝子の文体に包まれた濃密な感情。
月光の中で一瞬魅せる、
魚の跳躍のようなきら
めきを映し出した物語。


(amazonより)

雰囲気の良い作品でした。
時代設定が厳密にいつとは分かりませんでしたが、
古本屋と登場人物達の雰囲気に透明感があったような気がします。
だからといってのんびり、まったりとだけ展開していゆくわけでもなく、
程よいじれったさに好感が持てました。
この本に巡り会えて良かったです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

フィッシュストーリー [伊坂幸太郎]


フィッシュストーリー (新潮文庫)

フィッシュストーリー (新潮文庫)

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/11/28
  • メディア: 文庫

あらすじ
最後のレコーディングに臨んだ、売れないロックバンド。「いい曲なんだよ。届けよ、誰かに」テープに記録された言葉は、未来に届いて世界を救う。時空をま
たいでリンクした出来事が、胸のすくエンディングへと一閃に向かう瞠目の表題作ほか、伊坂ワールドの人気者・黒澤が大活躍の「サクリファイス」「ポテチ」
など、変幻自在の筆致で繰り出される中篇四連打。
爽快感溢れる作品集。


(amazonより)

 

私は先に映画の方を見てしまったのですが、
遅れて小説を読みました♪

「良く思いつくなぁ」と思わず呟いてしまいそうな話が盛り沢山。
短編にしてしまうのがもったいないっ。
十分この1作品だけでも本になりそうなのに!
という話が贅沢にも短編集に。

ラッシュライフの老夫婦(だと思われる老婦人)と
黒沢の登場にテンションが上がりました(笑)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

禁断のパンダ [作者-た行]


禁断のパンダ

禁断のパンダ

  • 作者: 拓未 司
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2008/01/11
  • メディア: ハードカバー

あらすじ
柴山幸太は神戸でフレンチスタイルのビストロを営む新進気鋭の料理人。彼は、妻の友人と木下貴史との結婚披露宴に出席し、貴史の祖父である中島という老人 と知り合いになる。その中島は人間離れした味覚を持つ有名な料理評論家であった。披露宴での会話を通じて、幸太は中島に料理人としてのセンスを認められ、 その結果、中島が幸太のビストロを訪問することになる。一方、幸太が中島と知り合った翌日、神戸ポートタワーで一人の男性の刺殺体が発見された。捜査に乗 り出した兵庫県警捜査第一課の青山は、木下貴史の父・義明が営む会社に被害者が勤務していたことをつかむ。さらには義明も失踪していることを知り…。『このミステリーがすごい!』大賞第6回大賞受賞作。
(amazonより)

料理が出てくる小説がきになる今日このごろ。
どうやら料理人が出てくるらしいということで
読んでみました♪

ネタバレ有りのため感想は↓へ

感想はコチラ!(


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

人物で語る物理入門 [作者-や行]


人物で語る物理入門 (上) (岩波新書 新赤版 (980))

人物で語る物理入門 (上) (岩波新書 新赤版 (980))

  • 作者: 米沢 富美子
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2005/11/18
  • メディア: 新書


あらすじ
物理学の歴史を、重要な業績を残した人物を中心に、後世への影響も含めわかりやすく語る。発見の物語を楽しみながら物理の基礎が身につく全く新しい入門書。上巻はアリストテレスからアインシュタインまで。
(amazonより)

私が通っていた高校には物理の授業がなかったので・・・
(化学と生物はあったのに、選択授業でさえ物理はなかった)
「物理について学ぼう!」と一念発起して読み始めた本でした。

が・・・。数学と物理には深いつながりがあるということしか
分かりませんでした、無念。
でもロマンは感じました!!
ほんとうに、なんとなくですけど。

方向修正(というかレベル調整/笑)をして
マンガで分かる物理学からはじめてみようと思います(笑)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

グラスホッパー [伊坂幸太郎]


グラスホッパー (角川文庫)

グラスホッパー (角川文庫)

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2007/06/23
  • メディア: 文庫

あらすじ
復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。
どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。
鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。一方、自殺専門の殺し屋・鯨、ナイフ使いの若者・蝉も「押し屋」を追い始める。
それぞれの思惑のもとに――「鈴木」「鯨」「蝉」、三人の思いが交錯するとき、物語は唸りをあげて動き出す。
疾走感溢れる筆致で綴られた、分類不能の「殺し屋」小説!
(amazonより)

殺し屋がいっぱい出てくるお話。
話の中に張られた伏線が最後には見事につながるところはさすが伊坂さん!
鈴木の奥さんの「やるしかないじゃない」という台詞が印象深かったです。

伊坂さんの書かれる女性、
鈴木の奥さんもそうですが
素敵な人が多いなぁと思います。
物事に動じないというか、妙に冷静というか。
テンパっているパートナーに何気ない一言をかけて
そっと背中を押してくれるような女性が多い気がします。


齋藤和義さんの『やさしくなりたい
のという曲に
のような歌詞があります。
====================
サイコロ転がして1の目が出たけれど

双六の文字には「ふりだしに戻る」

キミはきっと言うだろう「あなたらしいわね」と

「1つ進めたのならよかったじゃないの!」
===================
こういう女性になりたい!
戻っても1つ進めたのなら良かったじゃない。
なかなか言えませんよねぇ。
こういうさりげなく慰められる人が好き。
 
話がだいぶそれましたが、
基本的には復習劇のはずなのに
妙な重苦しさがないところに好感が持てました。
また、だからこそ奥さんを亡くした人の無念さが伝わってくるような気もしました。
痛快な作品だったと思います。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

超高速!参勤交代 [映画作品名-た行]

見てきました『超高速!参勤交代』
原作小説は店頭で見たことはあったのですが
手にとったこともなかったのですが、
映画の予告を見て「面白そう」ということで見に行きました。

poster2.jpg

あらすじは簡単。
時間もお金も人もいない弱小便防藩が
5日以内に参勤交代をしろ!
という無理難題を言い渡されるというストーリー。

参勤交代なんて久しぶりに聞いたなぁ (笑)
学生の時以来かもしれません。
感想はネタバレ有りなので↓へ!

公式ホームページ
http://www.cho-sankin.jp/

感想はコチラ!(ネタバレ有り)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

レインツリーの国 [有川浩]


レインツリーの国 (新潮文庫)

レインツリーの国 (新潮文庫)

  • 作者: 有川 浩
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/06/27
  • メディア: 文庫

あらすじ
きっかけは「忘れられない本」。そこから始まったメールの交換。
共通の趣味を持つ二人が接近するのに、それほど時間はかからなかった。
まして、ネット内時
間は流れが速い。僕は、あっという間に、
どうしても彼女に会いたいと思うようになっていた。
だが、彼女はどうしても会えないと言う。かたくなに会うのを拒
む彼女には、
そう主張せざるを得ない、ある理由があった――。
(amazonより)

何もする気が起きなくて
「本でも読んで寝るかぁ」と思って
積読本の中から手にとったものですが、
以外にハマってしまい結局寝不足に(笑)

感想はネタバレ有りなので↓に書きます。

感想はコチラ!(ネタバレ注意)


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

面白くて眠れなくなる数学 [作者-さ行]

 

面白くて眠れなくなる数学

面白くて眠れなくなる数学

  • 作者: 桜井 進
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2010/07/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

あらすじ
本書は、ベストセラー『感動する!数学』の著者が贈る読みだしたらとまらない、世にも美しい数学のはなし。 数学は、眠れなくなるくらいに面白い!
クレジットカードやマンホールのフタなど、私たちの身近なものにひそむ数のはなしから、宇宙の全粒子を使っても記述できない壮大な数のはなしまで、文系の
人でも楽しめる、ロマンとわくわくに満ちた数学エンターテインメントの世界へようこそ。 ○本書の目次より
美しい記号のはなし/読めそうで読めない数式/数学者のロマンティックな名言/おならの匂いは半分でもやっぱり臭い?/因数分解でセキュリティ/クレジッ
トカードの会員番号のひみつ/おつりを簡単に計算するテクニック/マンホールはなぜ丸い?/iPodは数学が奏でる/1+1=2って本当?/ミステリア
ス・ナンバー12/9の(9乗の9)乗の大きさはどれくらい?…
(amazonより)

 


数学へのロマンが伝わってくる話でした!
数学、得意というわけではないのですが好きな教科です。
社会人になってから何度も数学をやり直してみようと
いろいろな本を買っていますが未だ手つかずで・・・。
今年こそ始めようと思います(って毎年言ってる)

そんな私ですので、すでに高校生後半で習ったことなど記憶の彼方。
平方根が怪しいレベル。
というわけで本の最初の方は理解をしながら読むことができましたが、
後半は文章を読むのが精一杯で理解ができませんでした(汗)

なんとなく「こういうことかな」という理解レベルです・・・
勉強して、もう一度読み直してみると驚きが2倍になるかな、と思いました。
それにしても数学、生活の中にもいろいろ関わっているんだな、と改めて思いました。
クレジットカード番号の仕組みなどの雑学を知ることもできて良かったです♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。