So-net無料ブログ作成
映画作品名-さ行 ブログトップ
前の10件 | -

シェフ~三ツ星フードトラック始めました~  [映画作品名-さ行]

公開日数日前になって気づいた作品でした。
「美味しそう!」が第一印象。
またまた見てから時間が経ってしまいましたが
シェフ 三ツ星フードトラック始めました』の感想を!

syefu.jpg

なにより作中お料理が美味しそうで、美味しそうで、じゅるり。
私は基本的に映画を見た後に「あぁ~○○が食べたいな~」と
思える映画に当たるとテンションが上がります。

この作品はまさにその代表のような作品で、
「キューバサンド」を探しましたが、
私が住んでいる群馬のド田舎で見つかるはずもなく・・・
パン屋でハムサンドを買って食べました。
パスタも美味しそうでしたけどね。

有名店のシェフである主人公が、
オーナーと喧嘩をしてフードトラックを始めるという
単純明快なストーリーです。

各々の場所で代表的なご当地グルメっぽいものが出てきますが、
そちらの方も気になりました。
覚えきれなかったのでBDが発売されたらチェックしようと思います。

なんとも見た後に幸せな余韻にひたれる作品でした。
「世の中そんなにうまくいくか!」と思いながらも
こういう単純明快でハッピーな作品をみると
やはり癒される私です。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

シュアリーサムデイ [映画作品名-さ行]


シュアリー・サムデイ スタンダードエディション [DVD]

シュアリー・サムデイ スタンダードエディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川映画
  • 発売日: 2011/10/17
  • メディア: DVD

あらすじ
ハッタリのつもりだった爆弾の誤爆によって学校爆破犯のレッテルを貼られ、
それ以来散々な3年間を過ごしてきたタクミたち。
そんなある日、ヤクザになったカズオが大事件を引き起こし…。


(amazonより)

「綾野剛さんが良かった!」と言ったら
友達に「誰それ?」と言われて
しょんぼりしたのがこの作品。
今ではご活躍で(笑)

 

小栗旬初監督作品。
ただの青春バカ話なのかと思っていましたが(失礼)
結構ミステリとしても悪くない感じだったと思います。

学校を爆破したのに退学だけって少し甘いんじゃないか、とか
さすがにヤクザだってそんなに街で拳銃見せてはいないだろうとか、
ツッコミどころは有りましたが、
思っていたよりも楽しめる作品でした。

観ていて思ったのは、
製作している側が学園祭的なノリなのかな、と。
(もちろん私の勝手なイメージです/汗)
「せっかくだから面白いことをやろうぜ!」と言う人達が集まって
「楽しければ何でも有りだよ!」
という雰囲気が見え隠れしてる気がします。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

書道ガールズ [映画作品名-さ行]


「書道ガールズ!!私たちの甲子園」 [DVD]

「書道ガールズ!!私たちの甲子園」 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 2010/09/16
  • メディア: DVD

あらすじ
『武士道シックスティーン』の成海璃子主演で贈る、
実話を元にした青春ドラマ。
音楽に合わせて書道を行う
「書道パフォーマンス甲子園」に出場した
四国の女子高生たちの友情と心の成長を、
瑞々しいタッチで綴る。


(amazonより)

期待していた書道のシーンがあまりなかったな、
というのが正直な感想です。
大きな半紙に書くというパフォーマンスが
気になって見てみようと思った作品でしたが、
主人公の気の強さばかりが目についてしまい
ちょっとがっかりでした。

ドキュメントで見た方が見たいシーンが見られた気がします。
シャッター通りになってしまった商店街を再生する町おこしについても
無難にまとめました感があって残念でした。

書道部の顧問の先生はツボでした。
ナイス白衣(笑)

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画『ソラニン』 [映画作品名-さ行]


ソラニン スタンダード・エディション [DVD]

ソラニン スタンダード・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • 発売日: 2010/09/02
  • メディア: DVD

 

 



あらすじ
浅野いにお原作の人気コミックを宮崎あおい、高良健吾主演で映画化した音楽青春ドラマ。
自由を求めて会社を辞めた芽衣子は、
フリーターをしながらバンドを続ける恋人・種田と同棲生活を続けていたが、
ある日種田はバイク事故で命を落としてしまい…。


(amazonより)

宮崎あおいさんが出ていることと
アジカンのテーマ曲が好きだったので
気になった作品でした♪

私はどうも「バンドが青春」という内容とは相性が良くないようで・・・。
曲は大変好みでしたが、どうも内容が・・・。

ダメ大人選手権かと思いました(え?)
展開に意外性もなく、「あぁ、バンド映画はこういう感じだよね」という
雰囲気が拭えませんでした。

大学時代に思い出がリンクする人はまた感じ方が違うのかもしれませんが、
どうも私には共感できる部分が少なく残念でした。
確かに学生時代は学生時代で楽しかったですし、
夢を追うことは大事です。
が、この作品の登場人物たち、
なんだかんだで人のせいにするキャラクターばかりという印象が・・・。
もう少し自分の行動に自分で責任を取ろうかと
言いたくなってしまいました。



続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

シャーロックホームズ [映画作品名-さ行]


シャーロック・ホームズ [DVD]

シャーロック・ホームズ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD

あらすじ
人的な観察力・記憶力・推理力はそのままに、
熟練した武術家でもあるシャーロック・ホームズが19世紀末のロンドンを舞台に、
相棒のジョン・ワトソン医師と最強の謎に挑むサスペンス・アクション!!
(amazonより)


「sharlock」の感想でも書きましたが、
お恥ずかしい話しミステリ好きと言っておきながら
シャーロックホームズを読んだことが無く、
唯一、小さい頃に公文においてあったマンガ版「緋色の研究」を数ページ読んだだけ。
ホームズのイメージ=名探偵コナン内のイメージ(冷静沈着、紳士、バイオリンが弾ける)

というわけでガイリッチー版を観て驚いたことは
アクションが多めということよりも、ホームズが変人ということでした(笑)
原作を読んでいなかったので全く知りませんでした・・・。
この映画を見て「シャーロック・ホームズ」読まなくちゃ!と思いました。
ナイスな変人ぶり。

そして周りの様子を観察し、その情報から推理する力はさすがだな、と思いました。
まさしくこれぞ探偵!という感じがしました。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

猿ロック THE MOVIE [映画作品名-さ行]


猿ロック THE MOVIE 通常版 [DVD]

猿ロック THE MOVIE 通常版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: SDP
  • メディア: DVD

あらすじ
芹沢直樹の人気コミックを映画化!鍵師の猿丸はある美女からの依頼で金庫を開ける。するとそこにはトランクが入っていた。実はそのトランクは銀行から盗ま
れたもので、中には現金だけでなく、警察の権威に関わる重大な秘密が入っていた。そうとも知らずサルはそのトランクを運び出してしまう。それを取り戻そう
とする銀行強盗犯、秘密流出を恐れる警察はサルと女の捜査を開始するが…。通常版。


(amazonより)

テレビシリーズの映画化。
私はドラマを見たことはなかったのですが、
映画を見て素直に思ったことは、
これ、映画でやる必要あったのか?という点・・・。
(ドラマの映画化では避けては通れない道という気もしますが/汗)

ストーリーも少々つっこみどころが。
思っていた以上に暑苦しい、かつ、ちょっとマヌケなストーリーでした。
まぁ市原さんという時点で暑苦しいは予感できましたけどね(笑)
警察官僚についてのゴタゴタはコントというかB級感が否めませんでした。

 

TVシリーズを見ていれば
この雰囲気になじめていたのかもしれないなぁと思います。
鍵師としての技術はすごいのにっ!!
なんとなくもったいないなぁ・・・。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画『青天の霹靂』 [映画作品名-さ行]

『オー!ファーザー』を先に鑑賞したので
公開日には観られませんでしたが「青天の霹靂』
先週末に見てきました!

原作小説を読んでみよう、読んでいようと思いながら
結局そのまま読まず終いで劇場へ。

劇団ひとりさん、なんだかこの映画の時ものすごくかっこ良く見えました。
キャラクターの性格などを考慮せず、ビジュアルが(笑)
なぜだろう(笑)
そして手品を披露する、大泉さん。
手品はすごいのに、自分の売り込みがヘタで
(というか口下手??)
なかなか人生が思うように行かない役がハマってました

ちょっとした言葉の掛け合いが面白く
また、その言葉を掛け合うタイミングが匠で
思わず泣かされそうになりました。

ヒューマンドラマが苦手な私なので
出産シーンがちょっと長過ぎる気がしましたが
映画の山場シーンだから当然ですよね。

これくらいの「感動させよう」という演出なら
あまり押し付けがましくなくて私でも見ることが出来ました。

そしてあの手品の技。
地味に私の手品熱が再熱(笑)
イリュージョンというほど盛大な手品はそれほど興味がないのですが、
手元だけで見せる手品には興味が持てます。
コインをひょいひょい動かしたり、
トランプマジックなど、まさしく手品をやりたくなる(笑)

とりあえずセロテープを貼ったままにした
トランプでフラリッシュの練習でもすることにします。

 公式ホームページ
http://www.seiten-movie.com/

↓原作はコチラ

青天の霹靂

青天の霹靂

  • 作者: 劇団ひとり
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2010/08/27
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

全然大丈夫 [映画作品名-さ行]


全然大丈夫 [DVD]

全然大丈夫 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD

あらすじ
荒川良々初主演、
あり得ないほど不器用で想像以上に愛おしい男女3人の恋の行方をコメディタッチで描いたラブストーリー。
古本屋の長男、照男のビッグな夢
は世界一怖いお化け屋敷を作ること。
しかし現実は30歳目前で植木屋のアルバイト。
人生の“壁”を感じていた現状に少し不安を抱き始めたある日、
強烈に不器用な絵描き、あかりが現れて…。
(amazonより)

ラッキーなことに舞台挨拶が見られた映画でした。
木村佳乃さん、細いっ!!
パジャマのことを寝間着といっていたのが印象的でした(笑)

感想はコチラ!(ネタバレ注意)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画『サンブンノイチ』 [映画作品名-さ行]

基本情報技術者試験を完全にスルーすることにしたので・・・
映画を見に行く余裕が出来ました(笑)
人生には諦めも肝心だよな、と自分に言い聞かせた今日この頃。
諦めた分、どこかで何かを取り返そうと思います。
とりあえずダイエットが急務。

それはともかく、『サンブンノイチ』を見ました!
銀行強盗を計画して3人で分前を分ける時のゴタゴタ程度の知識で見に行きました。
タイトル通り銀行強盗がメインではなく
強盗した後がメインですね、まさしく。

正直なことを言うと、あまり期待して見に行かなかったので
「えっ結構面白いじゃん」というのが正直な感想です。
(関係者の方には失礼な話ですが)

なによりやはり笑わせ方がうまいよなぁと。
「このタイミングで言ったら面白い」という時にきちんと台詞が来る感じがツボでした。
劇場内も笑っている人が結構いました。
監督が品川ヒロシさんだからこそ、なのかどうかは分かりませんがその辺りはさすが吉本興業と思いました。

残念だったのは、「これ、そこまで描写する必要あるの?」という点が。
ホモネタそんなにいらないと思うんだけどなぁと・・・。
せっかく笑っていたのに嫌悪感がちょっと残りました。
(あくまでも演出方法についてですので、差別的な意味ではありません!)

作品内で窪塚くん扮する破魔翔が言っていましたが
「映画好きはあぁだこうだって文句をいう」というようなことを言っていて
ちょっと耳が痛かった(笑)
耳が痛かったといいながらやっぱり感想を書いてしまうんですよね(笑)

退屈しない展開と笑いが絶妙な作品でした。
ラストについての感想はネタバレなので↓に書きます!

サンブンノイチ公式HP
http://www.sanbunnoichi.jp/

ラストについての感想はコチラ(ネタバレ注意!)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ジャッジ! [映画作品名-さ行]

TRICKラストステージを見た翌日に「ジャッジ!」を見に行きました。
ちょうど3連休の中日でしたが夕方に鑑賞したのでそれほど混んでいませんでした。

どう見てもキツネの着ぐるみに「*これはネコです」の文字。
予告を見てからなんとなく気になって見に行った作品でしたが、大当たり!!
面白かったです。

国際的な広告祭に審査員として参加することになった主人公が
先輩社員(リリー・フランキーさん)にアドバイスをもらい
賭け事大好きだけどデキる女性社員といざ審査会へ!
というストーリーです。

好きなモノを好きって言おうよ、っていうド直球なストーリーに
笑いへの伏線をさり気なく効かせているナイスな作品でした。
印象に残ったことといえばやはりペン回しの凄さ(笑)
作中に出てきた「向かい風も振り返れば追い風」という言葉も身にしみました。

そして何より笑ってしまったのは
エンドロールに「ペン回し指導」という言葉を見つけた時。
思わず「私も指導して欲しい!!」って思ってしまった・・・。
因みに昨日1時間くらい気がついたらペン回しの練習に熱中(笑)

私は主題歌も気に入っております♪
因みにエンドロールで紹介されるまで
「え?オレンジレンジ??」と思っていましたが全く違います、サカナクションさんでした。
私はエンディング曲よりも主題歌が気に入っております。
主題歌は↓



映画の中で「好きなCMは何?」 というセリフがありますが、
私は伊藤英明さんが出演していた『まろ茶』のCM
(確かCM曲は原由子さんの『花咲く旅路』だったような)
と『大和ハウス』のCMが好きです。

まろ茶のCMは動画が見つけられませんでしたが、
後者のCMは有りましたので動画でご紹介させて頂きます。
こういう夫婦いいなぁ。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 映画作品名-さ行 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。