So-net無料ブログ作成
映画作品名-か行 ブログトップ
前の10件 | -

劇場版『海月姫』 [映画作品名-か行]

鑑賞してから数ヶ月経ってしまいましたが・・・
劇場版『海月姫』の感想を!

poster2.jpg

キャストが決まった時は
蔵之介を菅田将暉さんが??
35歳の高校生』のいじめ主犯格みたいな人でしょ!
死神くん』の時の悪魔でしょ!
・・・どんな感じの女装男子になるんだ??
なんて思いましたが、
ハマっていました。

女装のイメージ全くありませんでしたけど
見事な変身っぷりです。
西内まりやとほしのあきを足して2で割った感じだったような。

ストーリーは「漫画の内容をまとめました」という印象でした。
「そんなうまくいくわけないじゃない」という気もしますが、
「夢を見るための映画」と割り切れば
痛快な映画だったと思います。

自分の世界だけで生活している方が
傷つくこともないし、悩むことも少なくてすむけれど、
そこからちょっとだけ抜けだした主人公の月海が
羨ましくもあります。
そしてものづくりやっぱり楽しそうだなと思いました。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

告白 [映画作品名-か行]


告白 【DVD特別価格版】 [DVD]

告白 【DVD特別価格版】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD
あらすじ
ある中学校、雑然とした教室。
終業式のホームルーム。1年B組、37人の13歳。
教壇に立つ担任・森口悠子が語りだす。
「私の娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、
娘は事故で死んだのではありません。
このクラスの生徒に殺されたのです」
一瞬、静寂に包まれる教室。
物語は「告白」から始まる。
(amazonより)

子供を殺された母親
母親に捨てられた子供
猟奇殺人の犯人を崇拝する人間

ありきたりな設定と言えばそれまでなのに
その人たちが絡み合うと
「こんなことになるのかっ!」と
驚かされる作品でした。

手を下さないで復習する森口先生。
鑑賞後に思わず「人間って怖っ」と思ってしまう作品です。

そんな「怖っ」と思う作品ですが、
あらすじを読んで思い描くほど重い印象は受けませんでした。
灰色な内容なのにカラフルな演出だったからでしょうか。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

グランド・ブダペスト・ホテル [映画作品名-か行]

劇場の公開情報を見ていて気になった作品です。
先週末に見に行きました。
ホテル映画と言うと『THE 有頂天ホテル』が一番印象深いのですが、
今回の『グランド・ブダペスト・ホテル』ではミステリ要素が!!
ということで、土曜日の仕事終わりに見に行きました。
ジュード・ロウさんが出演していたことも結構大きなポイントでしたが(笑)

映画のあらすじを簡単にご説明すると
ホテルの常連である大金持ちの老婦人が亡くなった後の
ゴタゴタに巻き込まれるグスタグと
ロビーボーイのゼロのお話が回想形式で紹介されるというもの。

遺産相続のゴタゴタ、大好物な私です(笑)
といっても、この映画は親族間のドロドロした映画では全くありません!
ブダペストホテルのオーナーがいかにしてホテルのオーナーになったのか?
これを小説家が聞き手となって駆け足気味で展開してゆきます。

ネタバレ有りなので詳細な感想は↓まで!

公式ホームページ
http://www.foxmovies.jp/gbh/

感想はコチラ!(ネタバレ注意)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画『ゴールデンスランバー』 [映画作品名-か行]

ゴールデンスランバー [Blu-ray]

ゴールデンスランバー [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray


あらすじ
野党初の首相となった金田が、仙台市内で凱旋パレードを行うその日、数年ぶりに大学時代の友人・森田に呼び出された青柳は、森田から「お前、オズワルドに されるぞ」「逃げろ。とにかく逃げて、生きろ」という忠告を受ける。爆発音がしたかと思うと、警察官たちが、二人が乗っている停車中の車に駆け寄り躊躇な く発砲する。青柳は、反射的に地面を蹴り、仙台の街中へと走り出す……!
(amazonより)  

「どんなに最悪な時でも何とかなるもんだ」という
ことがひしひしと伝わってきました。
そして友達の大切さ。
もう友達というか、仲間という言葉の方がしっくりきますが、
こういう友達良いなぁと思います。
パンフレットで原作者の伊坂幸太郎さんも語っていらっしゃいましたが、
うまく短くまとめられた作品だったと思います。

主人公青柳の上司(?)であるロックな先輩が好きです。
さらっと「どうせお前じゃないんだろ?」と言えちゃうところがすごい。

ちなみに原作を読んでいる時は
小野は勝地 涼さんのイメージで読んでいました。
(まだ映画化が決まる前です)
まぁ勝地さんでは年齢が一人だけちょっと低めになっちゃいますものね・・・。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

劇場版『清州会議』 [映画作品名-か行]

『清州会議』を見てきました!
映画化の話を聞いた時は「11月かぁまだまだだなぁ」と
思っていたのにあっという間に公開。
時が経つのが早くて本当に驚きます・・・。

初日のレイトショーということもあって混んでいました。
そして幅広い年代の方がいらっしゃったなぁと思います。

公式ホームページは↓
http://www.kiyosukaigi.com/index.html

大したネタバレはしていませんが、
念の為に詳細な感想は↓に書きます。

感想はコチラ!(若干のネタバレ注意)


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

グランド・イリュージョン [映画作品名-か行]

テレビCMを見て気になったので
見に行ってみました!
こんな面白そうな映画をチェックしていなかったとは・・・。

フラリッシュの練習をしていた私としては
非常に気になる作品でもあります(笑)
初級中の初級技しか出来ませんが・・・。
(しかも人前でやったこともない)

手品+泥棒。
「教授と少年と夏休み=謎解き」くらい素敵な組み合わせ!!

ジェシー・アイゼンバーグさん、今回も早口の役(笑)
ソーシャル・ネットワーク』を思い出しました。
聞いた話によると頭がいい人は早口って聞いたことがありますが、
この映画を見ていると頭がいい+自信家の人は
早口なのでは?と思ってしまいます。
それが良い味を出していましたけどね!

インターポールから派遣された刑事の女性を
「何かで見たいんだよなぁ・・・」と思っていたら
オーケストラ! 』に出演されている方でした。

公式ホームページ
http://www.grandillusion.jp/

ネタバレ有りなので詳細な感想は↓に書きます。

感想はコチラ(ネタバレ注意!)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

クヒオ大佐 [映画作品名-か行]

クヒオ大佐 [DVD]

クヒオ大佐 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日: 2010/03/25
  • メディア: DVD

 

 

 

あらすじ
ジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐(堺雅人)は流暢な日本語で戦場での武勇伝を語り、次から次へと女性を騙す、稀代の結婚詐欺師である。
その日のターゲットは、博物館のエリート学芸員浅岡春(25)(満島ひかり)。
クヒオは、子供たちを引率する彼女に「あなた、子供嫌いでしょう」とだけ声をかけて去っていく。意味もなく言われて言葉を失う春。
その後クヒオは、彼を捜しにきた永野しのぶ(38) (松雪泰子)と宿泊先に戻る。彼女は、すでにクヒオに夢中。
「入籍すれば、米軍から5千万円」「英国のダイアナ妃のドレスを手がけたデザイナーにウエディングドレスを発注する」といった言葉にうっとりし、
社交界へのデビューに備え、英会話のレッスンにも励んでいる。
翌日クヒオは、再び春の職場を訪ねて経歴をアピール。そんなクヒオに春は興味を持ち始める。
しかし、クヒオが新たなターゲットに選んだのは春だけではなかった。
銀座で働くNo.1ホステス須藤未知子(33)(中村優子)に目をつけ、投資話を持ちかける。
まさにあの手この手。しのぶや春が、彼の要求に応えようとする一方で、未知子だけは彼を逆に欺こうとする。
やがてほころび始めるクヒオの嘘。次第に膨らんでいく女たちの疑念。
果たして、クヒオは!? そして、女たちは!?
そこに、本当の愛は存在しなかったのだろうか!? 夢の中でしか生きられなかった男と女に未来はあるのだろうか?!
(amazonより)

ドラマ「クロサギ」の様な完璧犯罪がちょっとした失敗でばれてしまって・・・。
という展開を予想していたのですが、
名札の綴りを3回も間違えていたり
「お金が欲しい」という連絡を相手を確認しないで連絡しちゃったり(それも2回も)
ちょっとどころかかなり抜けているひょうきんな(?)詐欺師の話でした。

弟との掛け合いも笑えて重苦しくない話に仕上がっていた気がします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ガマの油 [映画作品名-か行]

ガマの油 プレミアム・エディション [DVD]

ガマの油 プレミアム・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日: 2009/11/25
  • メディア: DVD

 

 




あらすじ
矢沢家は大豪邸に暮らす幸せ3人家族。1日に何億も稼ぐと豪語するデイトレーダーの親父・拓郎。そんな夫を優しく見守る妻・輝美。父親に似ずまじめな息 子・拓也。ところがある日、拓也は幼なじみのサブローが少年院から出所する日、恋人とのデートを切り上げて迎えに走るが交通事故にあってしまう。病院の ベッドで意識不明のまま眠り続ける拓也をただ見守る拓郎と輝美。するとそこへ、拓也の携帯電話に恋人の光から連絡が。とっさに出た拓郎は、光に本当のこと が伝えられず、拓也のふりをしてしまうが─?
(amazonより)

小林聡美さんが出演されているということで見に行った作品です。
ここのシーンは良いのになぜか残念感が。
現実、夢、過去の境界線が曖昧だったからかなぁと思います。
昔の日本の雰囲気は好きですが、「だから?」と
つい言ってしまいたくなる話でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

風立ちぬ [映画作品名-か行]

風立ちぬ公開初日に観て来ました!
劇場のサービスデイということもあって混んでいました・・・。
空いている映画館に慣れていると両隣に人がいるだけで違和感が(笑)

今回ジブリ作品は実在した人物、堀越二郎が主人公の映画。
私はお恥ずかしい話この方を知らないのですが
零戦という名前くらいは知っていましたので
設計をしている人なんだなぁとぼんやり思いながら見に行きました。

私は個人的にこの作品を見て
「好きなことをやりぬく姿」というのが一番印象に残りました。
こういう作品を見ると自分も「やるぞ~っ!」という気になります。
笑っちゃうほど単純なので(笑)

戦争について、直接的な描写がなかったことも好感が持てました。
どうも戦争ものの悲惨さはわかっていますが、
押し付けられている感じがして逆に冷めてしまいます。
こういう抽象的な描かれ方だったらちょっと考える余裕が生まれる気がします。

学校の教材映画ではないのですから
こういう余白的な部分、大切だと思います。
普段戦争について考えることがなかった人も
ちょっとだけ考えることが出来る映画だったと思います。

と入ってもやはり私は「やりたいコトを一生懸命」という姿が印象深いです。
この映画の二郎と菜穂子のことを
まさしく運命っていうんだろうなぁ、なんて思いました。
ちょっとうらやましい(笑)

現代では待っているだけではまずパートナーが出来るコトってないような気がします。
だからこそ、こういう偶然の出会いをした二人が羨ましい(笑)

庵野監督の声も私は好きでした。
有名な芸能人(例えばハウルの木村拓哉さんとか)は
どうしてもキャラクターのイメージよりも演じている方のイメージが先行してしまうのですが、
今回のキャストは「このキャラクターはこういう声なんですよ」と言われてしっくり来る感じがしました。

良い意味で演じている人らしさがなくて
キャラクターのイメージだけに集中できた気がします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

劇場版『鴨川ホルモー』 [映画作品名-か行]

鴨川ホルモー [DVD]

鴨川ホルモー [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2009/10/06
  • メディア: DVD
あらすじ
万城目学の同名小説を、山田孝之と栗山千明共演で映画化した青春コメディ。2浪の末にようやく念願の京大に入学した安倍は「京大青竜会」というあやしげなサークルに入会。そこでは「オニ」を操り戦わせる謎の祭り“ホルモー”なる行事が行われていた。
(amazonより)

原作をうまくまとめた感じの映画でした。
笑えるシーンも多々あってエンタテイメント製の高い作品だったな、と思いました。
主人公たちが今時の大学生っぽくなくてちょっとダサっぽいところが好きです。
さだまさしファンって渋い!!
個人的には石橋蓮司さん演じる居酒屋の店長が
幅をきかせすぎていた気が・・・。
あそこまで出てこなくても良いのに、と思ってしまいました。

余談ですが、高村(濱田岳)のTシャツのセンス嫌いじゃないです(笑)
因みに私のお気に入りTシャツ(と言ってもパジャマになっている)は
「天下布武」と書かれた信長Tシャツです!!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 映画作品名-か行 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。