So-net無料ブログ作成
検索選択
映画作品名-は行 ブログトップ
前の10件 | -

映画『ビリギャル』 [映画作品名-は行]

見てきました『ビリギャル』!
原作は未読のまま「勉強のコツが分かると良いなぁ」
という淡い期待を抱きつつ、劇場へ向かいました。
poster2.jpg

ストーリーは原作のタイトル通り、
学年ビリのギャルが慶応大学に現役合格するお話です。

勉強のコツと言うよりは
子供の伸ばし方のほうが近い気がします。

そしてこの映画を見て「受験」の経験の大切さを教えられた気がしました。
というのも、私自身は受験で必死に勉強したという記憶がなく、
ランクを1つ下げた高校に入学し
そのまま専門学校へ入学。
センター試験の経験もなく今に至ります。

そんな私がなぜ「受験の経験は大切だ」と思ったのかというと
それは現在、資格試験に悪戦苦闘中だからです・・・
宅建。今年3回目のトライ予定。

受験で何を学ぶのかというとやはり「忍耐力」だと思います。
「遊びたい」「寝たい」こういうことを我慢しなければいけなし、
思い通りの成果が出ずに焦ることだってあると思います。
これはもうかなり精神面が鍛えられますよね・・・。

高校生の頃に受験勉強を一生懸命乗り切れた人は
大人になって壁にぶつかっても「あの時もガンバレた」と
思えるのではないかと思います。
部活もそうかもしれませんけどね。
基本的に個人プレイの受験のほうが
一人で乗り切る自身につながるきがしました。

社会人になっていきなり資格試験に目覚めた私は
勉強中「なんで自分ばかりこんなに色々なことを我慢して
がんばらなきゃいけないんだろう」と思うことが多々有ります。
当然、今まで頑張ってこなかったことのつけが来ている訳なのですが
弱気になっている時はまさしく作中のさやかちゃんと同じ状況。
「寝たい」「遊びたい」「頑張ってるのにっどうしてっ!」と思ってしまう。

でもこれって部活や受験勉強に真面目に打ち込んでいた人は
学生時代に経験し、克服すべきことだったんですね・・・。
『ビリギャル』を見て気づきました。

学生時代に楽をしていたから
現在自分が努力しなくてはいけない状況になっている。
そのことに気づかせてくれた映画でした。

きっと今努力をすれば10年後の自分は
今の私に感謝しているはず!
頑張るぞ!
と、モチベーションを上げられる作品でした。

映画の話とはちょっと離れてしまいますが・・・。
ギャルが慶応大学。
これは分かります。
今のところ受験勉強は一発勝負で
勉強した分が結果につながる仕組みだから分かります。

ですがギャルが農業。
ギャルがゴミ拾い。
今風の格好をしている子供がやるとメディアは大騒ぎするのに
校則を守っている、いわゆる真面目なタイプと言われる子供がやっても
「いい子だね」とちょっと「当たり前だよね」っぽいニュアンス込で言われる風潮って
なんとかならないのだろうか、と思います。

もちろんギャップがあって話題になるから
取り上げられているのは分かりますが、
そんなにお祭り騒ぎするほどでもないのでは?と個人的には思います。

自分で勝手に上げてしまったハードルを
本当は1の努力で出来ることだったのに
3の努力をして乗り切りました、どうです私?がんばったでしょ?と
言われているようで釈然としません。

と、学生時代おもいっきり真面目タイプだったので
僻み8割で書いてしまいました。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ぶどうのなみだ [映画作品名-は行]

結果はどうあれ、とりあえず宅建試験が終わったので
予告を見て楽しみにしていた『ぶどうのなみだ』を見ました!

ぶどう.jpg

あらすじ
北海道、空知に住む兄弟、アオ(大泉洋さん)とロク(染谷将太さん)
の元に不思議な女性エリカ(安藤裕子さん)が現れて・・・。
勝手に穴を掘り出すエリカに初は怒っていたアオ(大泉洋さん)も
関わってゆくうちになんとなく惹かれて・・・というお話(ものすごくざっくり)

つい前作の『しあわせのパン』と比べてしまうのですが・・・
私のイメージでは『ぶどうのなみだ』の方が全体的にイメージが暗いかなぁと思いました。

ヒューマンドラマが苦手な私ですが、
予告編で紹介されていた食事シーンがステキそうなので
そういった雰囲気を楽しもうと映画館に足を運びましたが、
うぅ~ん、今回は食事シーンが思ったよりもなかったような。

食事シーンは少ないですが、
やはり作中に出てくる小物やインテリアなど
「いいなぁ」と思う部分は多くありました。

内容についてはネタバレになってしまいそうなので
↓に詳細を書かせていただきました。

ワインはそれほど飲みませんが
(以前フランス料理店でいい気になってワインを呑み
帰宅後お風呂で大変なことに・・・/笑)
映画を見ていてワインを飲みたくなりました。
笑っちゃうぐらい単純な私。


感想はコチラ!(ネタバレ注意)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

パーマネント野ばら [映画作品名-は行]


パーマネント野ばら [DVD]

パーマネント野ばら [DVD]


あらすじ
海辺の小さな港町に佇む美容室・パーマネント野ばらに
ひとり娘を連れて出戻ったなおこを中心に、
町の女たちがそれぞれ抱いている
“大人の女性の恋心”を繊細なタッチで描く。


(amazonより)

映画館の無料鑑賞券を頂いたので
見に行った作品でした。

理科の先生というツボを押さえた
江口さん扮するカシマさんのキャラクターがナイス(笑)

詳細な感想は↓に書きます!

感想はコチラ!(ネタバレ有り)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳- [映画作品名-は行]

見たい映画ラッシュで結局先週末に
『万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳-』を見てきました!!
原作小説は1作目だけ読みましたが、
結構昔に読んだので忘れている箇所が多く、
というかほとんど忘れているので
新鮮な気持ちで映画を見ることが出来ました(笑)

あらすじ
ダ・ヴィンチの名画『モナ・リザ』
が40年ぶりに日本にやってくることになった。さる事件によりルーヴルのアジア圏代理人兼調査員である朝比奈尚幸(村上弘明)の信頼を得ていた、万能鑑定
士Qなる店の女主人、凜田莉子(綾瀬はるか)が臨時学芸員の採用試験に招かれる。事件以来、莉子に関心を持ち密着取材を続行中の雑誌記者小笠原悠斗(松坂
桃李)もパリへ同行。莉子はルーヴル美術館で実施された採用テストに無事パスし、しだいに小笠原への理解も深めていく。莉子は同様にテストに受かった流泉
寺美沙(初音映莉子)とともに帰国、特別講義に出席する。しかしそこには不可解な謎と、その奥に潜む巨大な陰謀があった。
(Wikipediaより)

見ている人間の脳に影響を及ぼす絵。

先日読んだ『異人館画廊 盗まれた絵と謎を読む少女』を思い出しました。

正直なことを言うとあまり期待して見に行かなかったので、
想像していたよりも面白かった(笑)
凜田(綾瀬はるか)の限られた情報だけで
いろいろなことを推理する様子はまさしくシャーロック・ホームズのようで
「おぉっ」と思わず感心してしまいました。
もうそれだけでこの映画を見に行って良かったと思うほどナイスな推理力。

凜田を追いかけている記者の小笠原(松坂
桃李)も
付かず離れずの良い距離感を保った相棒役だったと思います。

ぜひ原作小説を読みなおしてみようと思いました。
もう読みましたが1巻から!

公式ホームページ
http://www.q-kantei-movie.jp/

感想はコチラ!(ネタバレ有り)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

プール [映画作品名-は行]


プール [DVD]

プール [DVD]


あらすじ
人気漫画家・桜沢エリカの原作を元に、タイで暮らす男女の姿を描いたハートウォーミングドラマ。
4年前に家出した母に会うためタイへやって来た女子大生が、
6日間の滞在を通じて次第に母子の絆を取り戻す様を描く。
amazonより)

作中で一尾(加瀬亮)も言っていましたが
京子(小林聡美)とさよ(伽奈)の距離感が良いなぁと思いました。
親子関係に限らず人間関係全般に関して、
この二人の距離感って良いなぁと思いました。
干渉し過ぎることのない二人、いいなぁ。

「こういう考え方もあるんだよ、迷っているなら進んでみたら?」と
背中を押してくれる作品だったと思います。

もちろん子供を置き去りにして・・・という点は共感できませんが、
やりたいことをやらないで後悔するのは嫌ということには共感出来ます。

食事の楽しそうな雰囲気や
空を見る余裕についての描かれ方にも好感が持てる作品でした。

公式ホームページ
http://pool-movie.com/

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

パコと魔法の絵本 [映画作品名-は行]


パコと魔法の絵本 通常版 [DVD]

パコと魔法の絵本 通常版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD

 

 

 


あらすじ
舞台はちょっと変わった人たちが集まっている、とある病院
中でもわがまま放題のクソジジイ・大貫は病院中の嫌われ者。そんな大貫がある日パコという名の
女の子出会います。パコは同じ絵本を毎日楽しそうに読んでる女の子。
ところが、大貫はそんな天使のような女の子まで自分の勘違いでぶってしまいます。で
も、翌日になるとパコはケロっとした顔でまた大貫に近づいてきます。
実はパコは記憶が1日しかもたない女の子だったのです。だから、大貫にぶたれたことも
忘れてたのです。それを知った大貫はさすがに反省し、
パコに誤ろうとそのほっぺに触れた時、驚くべきことが起こります。
おじさん、昨日もパコのほっぺに触ったよね?」
昨日のことを覚えていないはずのパコが大貫のことを覚えていたのです。
しかも、触ったんじゃなくて、ぶったというのに。
そこから大貫は自分の人生を反省し、
パコのために何かしてあげられないかと思い始め、あることを思いつきます。
それは、病院のみんなでパコが読んでる絵本のお芝居をしてあげること。そして、
いよいよワクワクドキドキのお芝居が始まりますが、
実はそこにはある運命が回り始めてるのでした・・・。
(amazonより)

中島哲也監督の作品は『下妻物語』を見た後に
嫌われ松子の一生』を観ました。
下妻物語』がツボだったので、
期待をして『嫌われ松子の一生』を見に行きましたが
ちょっと後者は私の好みに合わず、
今回の『パコと魔法の絵本』は正直に言うと
あまりストーリーは期待していなかったのですが、
観てびっくり予想にない展開で「やられた!」と思いました。

コミカルな中に切なさや悲しさが描かれているので
押し付けがましくなく、
だからこそ余計に涙を誘う作品だったと思います。
だから言って切ないだけではなくきっちりと笑える映画でした。
まさしく笑って泣ける映画。

カラフルな舞台にも好感が持てました。
カエル王子もパコちゃんもかわいいv
独特な世界観を持った映画だったと思います!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

薔薇色のブー子 [映画作品名-は行]

福田雄一監督ということで見に行ってきました『薔薇色のブー子』 !
福田監督の作品は『大洗にも星はふるなり』、『俺はまだ本気出してないだけ』に続いて
3作目の作品です。
と言っても『大洗にも星はふるなり』を鑑賞した時は福田監督という名前を知らずに
「内容が面白そうだから~」という理由で見に行っていたので
勇者ヨシヒコ』シリーズの監督だと知った時は驚きました(笑)

そんな福田監督の最新作。
文句ばかり言っている女子大生 幸子が
大好きな少女漫画の話で盛り上がったスパロウさんという男性と会うために
文句ばかり言っていた自分を封印し、
素敵女子に生まれ変わろうというお話です。
もちろん、そのスパロウに会うために自分磨きをするわけですが、
その道中では予想もしていなかったことが・・・。
という至ってわかりやすいストーリー。

ネタバレありなので感想は↓に♪

公式ホームページ
http://bu-ko.jp/

感想はコチラ(ネタバレ注意!)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

武士の献立 [映画作品名-は行]

『武士の献立』を先週末に観ました!
元々和食が好きなので公開前から気になっていました。
包丁よりも刀の方に興味ありありな主人公が
どのように立派な包丁侍になるのかもきになりましたが、
どのような料理が出てくるのかも気になっていました(笑)

やはり美味しそうな料理がズラリ。
お料理が乗っている器も素敵でした。
やはり、料理は器も大事ですね。
金額ではなく、そのお料理に合うかどうかも重要!
などと思いながら見ていました。

ネタバレ有りのため、感想は↓に書きます。

公式ホームページ
http://www.bushikon.jp/

感想はコチラ!(ネタバレ注意!)


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ブラック会社に勤めているんだが、もう俺は限界かもしれない [映画作品名-は行]

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない [DVD]

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日: 2011/10/17
  • メディア: DVD

 

 

 

あらすじ
2ちゃんねるの書き込みから生まれた黒井勇人のスレッド文学を、「キサラギ」の佐藤祐市が映画化。
主演は小池徹平
高校中退のニート・マ男は、母の死をきっかけにプログラマーとなり、何とか小さなIT企業に就職する。
しかし入社してみると、そこはサービス残業や徹夜は当たり前で、過酷な労働を社員に強いる「ブラック会社」だった。
変わり者の同僚に囲まれ、徐々に成長していくマ男をコミカルに描く。
(amazonより)

今ではすっかり社会現象のように扱われている「ブラック企業」ですが
この映画が公開されたときはまだそれほどの知名度もなかったような気がしました。
というか、ネット用語的なイメージでしたが、
まさか新聞で「ブラック企業」という言葉を目にする日がくるとは
思いませんでした。
(あくまでも私の印象ですので
すでにこの当時から社会現象として
定着している言葉だったのかもしれません/汗)

感想はコチラ!(ネタバレ有り)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~ [映画作品名-は行]

ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ [DVD]

ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ [DVD]


あらすじ
太宰治の同名短編松たか子と浅野忠信主演で映画化。才能はあるが自堕落に生きる小説家・大谷。そんな夫を支える妻の佐知は、借金返済のために飲み屋で働き始める。ある日、店で男に慕われる妻に嫉妬を募らせた大谷は女と姿を消してしまう。
(amazonより)

映画を見るまでは「退屈な話なんじゃないか?」と思っていましたが、
そんなこともなく、想像していたよりも楽しむことが出来ました。

登場人物たちの言葉がみな丁寧で
聞いていて心地が良い気がしました。
そして、浅野忠信さん、着物似合いすぎ(笑)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 映画作品名-は行 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。