So-net無料ブログ作成
検索選択
乾くるみ ブログトップ

『カラット探偵事務所の事件簿2』 [乾くるみ]

カラット探偵事務所の事件簿 2 (PHP文芸文庫)

カラット探偵事務所の事件簿 2 (PHP文芸文庫)

 

 

 

あらすじ
“あなたの頭を悩ます謎を、カラッと解決いたします”―閑古鳥の啼く「謎解き専門」の探偵事務所に持ち込まれた七つの事件を、探偵・古谷が鮮やかに解決! 密室状態の事務所から盗まれたあるものを見つけ出す「昇降機の密室」、駐車場の追突事件の真相を暴く「車は急に…」、急死した父親が残した秘伝のたれのレシピを探す「一子相伝の味」など、ミステリの名手による連作短篇集。待望のシリーズ第二弾。
(amazonより)

2巻も前作同様「カラット」解決していて
テンポよく読めるミステリでした。
頭を悩ます謎専門の探偵事務所。
まさしくイメージする探偵だなぁと毎回感心します。
(浮気調査などそれはそれで面白そうですが
頭脳戦と言うよりも出たところ勝負感が強いので)

なによりラストに感服。
前作も最後にサプライズが有りましたが、
今回もまた巧みな終わり方で。
あの一言、いいなぁ。
理想的な終わり方でした。

探偵の敬語も相変わらずで
ぜひ次もあれば良いなぁと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『カラット探偵事務所の事件簿1』 [乾くるみ]

カラット探偵事務所の事件簿 1

カラット探偵事務所の事件簿 1

 

 

 
あらすじ
元新聞記者の主人公が同級生に誘われて入った探偵事務所
変わり者の同級生が始めたのは浮気調査も失せ物も探さない、
興味が湧いた謎だけをからっと解決するという探偵事務所だった!
という内容です。


初、乾くるみさん作品でした。
表紙買いをすることも多い私ですが
この本は内容に惹かれて買いました。
なんだか探偵っぽい「浮気調査をしない」という点に惹かれました(笑)
短篇集なので読みやすかったです。
さらに最後のオチにはびっくり!
オチを知っている人からすると文庫本の表紙は「あれはセーフなの?」
と思わないこともない状態ですかねぇ。

一気に乾さんが気になりました(笑)
他の作品も読んでみることにします!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
乾くるみ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。