So-net無料ブログ作成
万城目 学 ブログトップ

『鴨川ホルモー』 [万城目 学]

鴨川ホルモー

鴨川ホルモー

  • 作者: 万城目 学
  • 出版社/メーカー: 産業編集センター
  • 発売日: 2006/04
  • メディア: 単行本

 

 


あらすじ
このごろ都にはやるもの、勧誘、貧乏、一目ぼれ。葵祭の帰り道、
ふと渡されたビラ一枚。腹を空かせた新入生、文句に誘われノコノコと、
出向いた先で見たも のは、世にも華麗な女(鼻)でした。このごろ都にはやるもの、
協定、合戦、片思い。祇園祭の宵山に、待ち構えるは、いざ「ホルモー」。「ホルモン」ではない、
是れ「ホルモー」。戦いのときは訪れて、大路小路にときの声。
恋に、戦に、チョンマゲに、若者たちは闊歩して、魑魅魍魎は跋扈する。
京都の街に巻き起 こる、疾風怒涛の狂乱絵巻。都大路に鳴り響く、
伝説誕生のファンファーレ。前代未聞の娯楽大作、碁盤の目をした夢芝居。
(amazonより)

映画化する前に!と慌てて読んだ記憶があります。
鼻への執着すごいな(笑)と思いながら読みました。

有名人(平安時代限定)の名前が大集合した作品で
その辺りも楽しめました。
安倍と芦屋が仲悪いなんて、陰陽師好きはニヤリとしてしまいますよね(笑)

ファンタジー小説はほとんど読みませんが
この話はすんなりと読めました。

主人公がへたれなのに妙な所で堂々としている感じがツボでした。
続編が有るようなのでそちらの方も読んでみようと思います!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
万城目 学 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。